イズコーポレーションのリースバックの評判・口コミを知りたい人必見!編集部がメリットや注意点、料金や流れまで徹底解説!

5 min 0 views

神奈川県でリースバックの利用を検討している方の中には、「イズコーポレーション」という不動産会社を聞いたことがある方も多いと思います。

では、イズコーポレーションとは、どのような会社なのでしょうか?

イズコーポレーションは神奈川県で投資物件の仲介や賃貸管理業務を行っている会社です。

そのため、イズコーポレーションのリースバックは、他社ではあまり取り扱ってくれない投資物件の取り扱いができる特徴を持っています。

しかし、一方でイズコーポレーションのリースバックには注意点もあるため、よく理解しておくことが重要です。

そこで、この記事では、イズコーポレーションのリースバックの特徴や注意点について、解説していきます。

リースバックを検討するときの参考にしてみてください。

イズコーポレーションの公式サイトはこちら⇨

イズコーポレーションの評判と口コミまとめ

ここでは、イズコーポレーションの良い評判と悪い評判の口コミをそれぞれ紹介していきます。

イズコーポレーションの良い評判と口コミ

まず、良い評判と口コミからご紹介します。

“交通事故によって足が悪くなり、外回りが出来なくなったため営業職から事務職に職種が変わりました。

営業職は成果報酬もあったため、多くの収入があったのですが、事務職になったことで大幅に収入が減少。

そのため、営業職際に組んだ住宅ローンの支払いが苦しくなったのです。

貯金を崩しながら支払っていましたが、ジリ貧な状況が続いていたため悩んでいたところ、たまたまイズコーポレーションのリースバックを見つけました。

すぐに相談にいったところ、親身に話を聞いていただき非常に良い査定をしてくれました。

通勤などを考えると引っ越しをしたくなかったので、ホッとしています。”

“会社内で転勤が決まり、家を手放す必要が出てきました。

ただ、3年生と2年生の子どもがいるため、妻は引っ越しに反対をしている状況でした。

話し合いを続けて子どもの卒業までは今の家に住むことになったのですが、転勤先で非常に良い物件を見つけたため購入を検討することに。

しかし、家を購入するお金がなかったので方法を調べていたところ、インターネットでイズコーポレーションのリースバックを見つけました。

相談にいったところ物件の査定結果も満足できるもので、住宅ローンの残債を支払ってもある程度の資金が残ることもわかり利用を決めました。”

“住宅ローン以外にも借金を作ってしまったため、自宅を売却することに。

当初は子どもを転校させたくないという思いから同じ学区内の引っ越し先を探していましたが、良い物件は見つからず悩んでいました。

転校せずに資金を得る方法がないかと悩んでいたときにリースバックを知ったのです。

詳しい内容を聞きにいくと売却金額が下がる可能性があるが、今の家に住み続けられるということで利用を決めました。

子どもも転校せずに済んで本当によかったです。”

イズコーポレーションの悪い評判と口コミ

次に、悪い評判と口コミをご紹介します。

“80歳になった母親が体調を崩して介護が必要になり、当初は施設に入ってもらう予定でしたが、母が嫌がり私が介護をすることに。

仕事の時間を減らさないと介護ができないため、短時間勤務に変更しました。

そのため、収入が少なくなり生活が苦しくなったのです。

そこで、ヘルパーさんを呼ぶ形に変えようということになり、働けるようにはなりましたが多額の介護費用が必要になりました。

介護費用を捻出するために、リースバックが最適な方法だと判断してリースバックを利用することに。

当初はイズコーポレーションのリースバックを利用する予定でしたが、定期賃貸借契約だったため他社のリースバックを利用することになりました。”

“昨年工場の設備を一新しやる気がたぎっているときに、取引先から受注を打ち切ると言われました。

「多額の資金を設備に投資したばかりなのに」と落ち込みながらなんとか続けていましたが、当初の売上には回復せずに設備投資の費用の返済も苦しい状況に。

そういったときに取引先の社長から教えてもらったのがリースバックです。

すぐに資金が必要だったのでイズコーポレーションへ相談にいったところ、自宅の査定額は満足できる結果だったのですが、家賃が周辺相場よりも大幅に高かったため他社のリースバックを利用することに決めました。

リースバックのおかげで設備投資の費用もある程度回収できたため、事業をたたむ危機を回避できました。”

イズコーポレーションの公式サイトはこちら⇨

イズコーポレーションのメリットと特徴2選

イズコーポレーションのリースバックメリットは以下の2つです。

  • 収益投資用不動産でも取り扱いできる
  • 全国どこでも対応が可能

それぞれについて詳しく説明します。

収益投資用不動産でも取り扱いできる

イズコーポレーションは収益投資用物件の取り扱いをしているため、アパートや賃貸マンションなどの収益投資用物件でも取り扱いが可能です。

多くのリースバック会社はマンションや戸建て住宅といった一般的な不動産しか取り扱っていないことを考慮すると、収益投資用物件で利用しようと考えている方には大きなメリットといえます。

他社で断られた不動産を所有している方は、イズコーポレーションに問い合わせをしてみてください。

全国どこでも対応が可能

イズコーポレーションのリースバックは神奈川県の会社ではありますが、全国の不動産を取り扱っています。

ただし、売却がしにくい場所にあるなど一部取り扱いが難しいケースもあるので、事前に問い合わせるようにしてください。

イズコーポレーションの公式サイトはこちら⇨

イズコーポレーションのデメリットや注意点2選

イズコーポレーションのデメリットは以下の2つです。

  • 家賃が周辺の相場よりも高い可能性がある
  • 定期建物賃貸借契約である

それぞれについて、説明していきます。

家賃が周辺の相場よりも高い可能性がある

イズコーポレーションのリースバックは不動産の査定価格から家賃額を決定します。

そのため、周辺の家賃相場よりも高くなる可能性があるため注意が必要です。

周辺の家賃相場を提示して交渉することで、家賃が相場に近くなる可能性があるので、高いと思った場合は交渉をするようにしてください。

定期賃貸借契約である

イズコーポレーションのリースバックは定期賃貸借契約になります。

そのため、契約終了するとの契約の更新ができません。

また、契約が終了後に再契約ができないケースも多いため、引っ越しを想定しておくことが重要です。

そのため、長期的にリースバックをした不動産に住みたい人にはおすすめできません。

イズコーポレーションが向いている人の特徴は「収益投資用不動産をリースバックしたい人」

イズコーポレーションのリースバックは収益投資用不動産の取り扱いもしているため、他社で断られた人でもリースバックが出来る可能性があります。

ただし、すべての物件が取り扱い出来るわけではないため、不動産のあるエリアなどリースバックを相談する段階で不動産の情報を詳しく説明するようにしてください。

イズコーポレーションの公式サイトはこちら⇨

イズコーポレーションが向いていない人の特徴は「長期間リースバックをした不動産に住み続けたい人」

長期間リースバックした不動産に住み続けたい要望を持っている人には向いていません。

定期賃貸借契約であるため、再契約が出来ずに引っ越しせざるおえない可能性があるためです。

とはいえ、再契約するかどうかはイズコーポレーションの判断になるため、長期間住みたい場合は事前に相談するようにしてください。

イズコーポレーションの利用方法や流れを紹介

イズコーポレーションのリースバックを利用する流れは以下の手順です。

  1. ホームページから問い合せをするか電話で相談をする
  2. 専属の担当者が自宅を訪問して査定を行う
  3. 買い取り価格を提示する
  4. 提示された内容が納得できたなら契約を行う

長期的にリースバックをした不動産に住みたい場合は、問い合わせの段階から要望を伝えるようにしてください。

イズコーポレーションの公式サイトはこちら⇨

イズコーポレーションの運営会社情報

株式会社イズコーポレーションは、2017年に創業した収益投資用物件のリフォームや賃貸管理業務を行っている比較的新しい会社です。

そのため、他社で断られるような収益投資用物件の取り扱いに長けています。

株式会社イズコーポレーションの会社概要

株式会社イズコーポレーションの詳細情報は以下の通りです。

会社名 株式会社イズコーポレーション
設立日 2017年6月
代表者名 佐藤 一誓
本社住所

〒235-0043
横浜市磯子区氷取沢町204番地7-1棟206号

まとめ

イズコーポレーションのリースバックは、収益投資用物件の取り扱いに長けているイズコーポレーション株式会社が提供しているため、アパートといった他社に断られることが多い物件でも取り扱いが出来ます。

そのため、他社で断られた不動産でも取り扱いが出来る可能性が高いです。

収益投資用不動産のリースバックを考えている方は、ぜひこの記事を参考にイズコーポレーションのリースバックを検討してみてください。

イズコーポレーションの公式サイトはこちら⇨

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です