ハウスバックのリースバックの評判・口コミを知りたい人必見!編集部がメリットや注意点、料金や流れまで徹底解説!

4 min 0 views

首都圏でリースバックの利用を検討している方の中には「ハウスバックのリースバックのメリットとデメリットは?」といった疑問を持っている人も多いです。

では、ハウスバックとは、どのような会社なのでしょうか?

2019年に設立された会社で不動産管理業やリースバック業などを行っている会社です。

また、比較的新しい会社でありながら不動産業界歴10年以上の有能なスタッフが揃っていることが特徴になります。

ただし、新しい会社であるためハウスバックのリースバックについての情報は少ないです。

そこで、この記事では、ハウスバックのリースバックの特徴や注意点について、解説していきます。

最後まで読んでリースバックを検討するときの参考にしてみてください。

ハウスバックの評判と口コミまとめ

ここでは、ハウスバックの良い評判と悪い評判の口コミをそれぞれ紹介していきます。

ハウスバックの良い評判と口コミ

まず、良い評判と口コミからご紹介します。

“ギャンブルで多額の借金をしてしまって、カードローンの返済と住宅ローンの返済が生活を圧迫していました。

月々の返済額は15万以上あり、ローンの返済のためにさらにカードローンで返済するといった状況が続いていました。

ついには住宅ローンの返済が出来ない状況になってしまい自宅を手放さないといけない事態に。

どうにか解決方法を探していたときにリースバックを知ったのです。

すぐにリースバックを利用して査定をしてもらったところ住宅ローンが返済できるとわかり利用しました。

月々の返済15万円掛かっていたところ、家賃を含めても10万円に抑えることが出来たので、負担軽減できました。”

“退職金で住宅ローンを一括返済して、年金で生活をしていました。

年金だけでは裕福な生活が出来ず、まとまった貯金もなかったため、老後を楽しめる状況ではなかったです。

そのため、老後を楽しめるだけの資金的な余裕をほしいと思っているときに、友人からリースバックをして資金を確保したという話を聞いて、リースバックを知りました。

すぐにリースバック会社へ相談に行ったところ、自宅を3,000万円で売却できて、月々10万円の家賃で暮らしていけることがわかり、利用することを決めたのです。

家賃も年金で支払えるため、3,000万円は老後を楽しむための資金とすることができ、ゆとりのある生活ができました。”

“サラリーマンを辞めてラーメン店を始めたいと思っていました。

開業費用などに1,500万円が必要でしたが、金融機関からの融資は1,000万円しか融資してもらえず、貯蓄の100万円と合算しても1,100万円しか用意出来ずに困っていました。

開業する場所の見直しなどをしないといけないと思っていたところ、リースバックを利用して自宅を売却し2,000万円を用意することが出来たのです。

この2,000万円から400万円を開店資金に回すことで、無事開店することが出来ました。

また、残りの1,600万円をお店が軌道に乗るまでの運転資金に出来たため、リースバックを利用して本当によかったです。”

ハウスバックの悪い評判と口コミ

次に、悪い評判と口コミをご紹介します。

“年齢も80歳になり自宅の生活がしんどくなってきました。

そのため、老後施設に入居しようと思ったのですが、資金的な余裕がなかったため、諦めていました。

そんなときに知り合いの弁護士から教えてもらったのがリースバックです。

老後施設に入居するまでに自宅に住み続けられることなどメリットがあったため、ハウスバックのリースバックを利用しようと思っていましたが、首都圏しか利用できなかったので、渋々他社のリースバックを利用することにしました。”

“5年ほど前に病気になって仕事で今まで通りに働けなくなり収入が減少してしまい、住宅ローンの返済が厳しい状況に陥りました。

貯蓄をなんとか崩して返済をしていましたが、それも限界になり、このままでは競売になる状況に。

そのため、現金化がすぐに出来るリースバックを利用しようと、ハウスバックさんに相談にいきましたが、現金化まで1ヶ月程度は掛かると言われてしまいました。

支払いが間に合わないため、他社のリースバックを利用することを余儀なくされたのは残念でした。”

ハウスバックのメリットと特徴2選

ハウスバックのリースバックのメリットは以下の2つです。

  • 不動産業界歴が10年以上の担当者がいる
  • 専門家とのネットワークがある

それぞれについて詳しく説明します。

不動産業界歴が10年以上の担当者がいる

ハウスバックには不動産業界歴10年を超える経験豊富なスタッフ多数いるため、最適なプランを提案してくれます。

これらのスタッフは賃貸や不動産売買、投資物件の運用などさまざまな業務を経験しているため、一律の提案ではなく依頼者にとって最適な方法を提案することが可能です。

専門家とのネットワークがある

ハウスバックは投資家や不動産会社、弁護士、金融機関、税理士などさまざまな分野の専門家とネットワークがあります。

そのため、税金などリースバックを利用するうえで、わからないことや不安なことについても適切なアドバイスをしてもらうことが可能です。

ハウスバックのデメリットや注意点2選

ハウスバックのリースバックの注意点は2つあります。

  • 取り扱いエリアが首都圏である
  • 現金化まで1ヶ月程度掛かる

それぞれについて説明していきます。

取り扱いエリアが首都圏である

ハウスバックのリースバックは、基本的に東京都や神奈川県、千葉県、埼玉県以外に対応していません。

ただし、例外として上記の地域に隣接するエリアでも取り扱えることがあるため、そのエリアに該当する場合には、一度問い合せするようにしてください。

現金化まで1ヶ月程度掛かる

ハウスバックのリースバックは相談から現金化まで1ヶ月程度掛かります。

一方で、他社には最短で問い合わせから1週間程度で現金化出来る会社のあるため、すぐに資金が必要な場合は他社に依頼をすることも選択肢に入れる必要があります。

ただし、ハウスバックも可能な限り早期対応してくれるため、事前に早期の現金化という要望を伝えることで、対応してくれるかもしれません。

ハウスバックが向いている人の特徴は「自身に最適なリースバックプランを提案してほしい人」

ハウスバックは不動産業界を10年以上経験した経験豊富なスタッフが多数いるため、自分の状況にあったリースバックプランを提案してくれます。

そのため、要望にあった最適なプランや正確な査定が可能です。

したがって、要望にあったプランを提示してほしい人に向いています。

ハウスバックが向いていない人の特徴は「首都圏以外の方」

ハウスバックは前述したとおり、基本的に首都圏以外は対応出来ません。

そのため、首都圏以外の地域の人はハウスバックでリースバックを利用することが出来ないため、他社を選択する必要があります。

ハウスバックの利用方法や流れを紹介

ハウスバックのリースバックを利用する流れは以下の手順です。

  1. 電話やメールで問い合せをして相談をする
  2. 直接面談を行って簡易査定を行う
  3. 担当者が自宅を訪問して査定を行う
  4. 査定額などの条件を提示する
  5. 提示された内容が問題ないなら契約を行う

上記の手続きのうち4番目の査定額の提示までは無料で行ってくれます。

そのため、提示された条件を他社と比較することも可能です。

ハウスバックの運営会社情報

ハウスバックは2019年に設立された新しい不動産会社で、リースバック事業や不動産管理事業、不動産投資事業などを行っています。

新しい会社ながら不動産業界が10年以上の優秀なスタッフが揃っているため、疑問を丁寧に解決してくれることが特徴です。

株式会社ハウスバックの会社概要

株式会社ハウスバックの詳細情報は以下の通りです。

会社名 株式会社ハウスバック
設立日 2019年4月
資本金 3,100万円
従業員(契約社員を含む) 1,320名(2020年4月1日現在)
代表者名 奥山 章司
本社住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-18-11 フォレストヒルズイーストウィング2F

まとめ

ハウスバックのリースバックは、不動産業界歴10年以上の優秀なスタッフが自分に適したリースバックプランを提案してくれることが特徴です。

そのため、自分に寄り添った親身な対応を望んでいる方におすすめの会社になります。

首都圏エリアでリースバックを検討している方は、ぜひハウスバックのリースバックを検討してみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です